新スタンダード二重査定の注意点

二重査定制度というような制度が存在します。この制度とは、再査定制度とも呼ばれています。どういった制度かというと、評価後に申事されていないダメージが見つかった際、買取業者が評価額を見直しできるというものです。

買取り業者は、見積りした後に傷が見つかると、予定していた値で転売できなくなります。見積もりの際、自家用車の様子をごまかして報告し、それがのちに発見された時点などに、この制度が適用され、査察額が変更されてしまいます。

つまり、いちどは高額査定額が示されても、後で査定額が低く変わってしまうということです。再査定制度は、根本的に買取店の赤字を防ぐもので、買取店に有利に働くようになっています。それにより、売り手側は、査定に出す場合は、車の状況をしっかりと報告することが必須です。

売却する車両の現状はわかっている範囲で先に伝える

先ず正確な査定額を出してもらえるよう、自身が知る限りのダメージは全部きちんと申し立てすることです。
鑑定前に事前に申告していれば、それが重度であったとしても、査定側の責任になり、後で減額されることはありません。
再査定制度とは、本当のところ多くのディーラーが活用していて、契約書に小さく書かれていることが多いので、よく確認しておく必要があります。